ホーム   »  活動リポート
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲイビマンを探せ!!」スタンプラリー速報

resize0277.jpg

ゲイビピンクの配置場所を変えたぞよ。
げいび渓の次に歴史的にも名高い東山の観光名所のこの場所。

「なにぃいーーーこの猛暑に13度の世界??」
スポンサーサイト
「ゲイビマンを探せ!!」スタンプラリーイベント応募も続々届いておりますぞ!詳細はコチラ↓
http://geibiman.blog44.fc2.com/blog-entry-40.html

〆切りは9/25日。まだまだ間に合うぞ!夏休みを利用してスタンプを集めるのもアリじゃな。
今週はブルーとホワイトの配置が変わっておるぞ。暗黒軍の動きを察知して配置も変えていかねばならんのじゃ。
ヒントは次の写真で判断してくれ。ハッキリと場所を記すと暗黒軍にバレてしまうからのーー。
それでは諸君!パネルの場所見つけ出してくれたまえ!

resize0267.jpg  resize0268.jpg  resize0266.jpg
一関東山町松川地区のとある場所じゃ!!ここのに頼めば世界のトモダチに手紙や小包を送れるようじゃの。

 resize0273.jpg  resize0270.jpg  resize0274.jpg
〇宿駅そばのとれたて新鮮野菜や花や苗など並んでおるところじゃ。ここのソフトクリームがまた格別じゃよ!

それではミッションの成功を祈る!!




交通安全路上キャンペーン

7月18日は交通安全母の会長坂分会のお母さんと子供達とともにバイパス路上にてパトロールをおこなったのじゃ。
停車したクルマにプレゼント渡し、セーフティードライブを呼び掛けたぞよ。

resize0260.jpg  resize0264.jpg


7/23日はお隣大東町の幼稚園・保育園合同夕涼み会へパトロールの予定じゃ。
被災地への訪問や復興イベントの参加協力も計画中じゃ!みんなで暑い夏を乗り越えようぞ!

いちのせきリトルヒーローズ
陸前高田へ!!

 2011年7月10日、岩手一関で現在活動中の3団体(ドリームキッズ、クラウンろっく、六魂戦隊 ゲイビマン)の被災地陸前高田での合同公演が実現した。
 一関市内からスタッフ等高田をめざしゲイビマンメンバーとクラウンろっくが東山で合流バス移動。先発隊のゲイビマン音響、大東からバス移動のドリームキッズ。それぞれ目的地である陸前高田ドライビングスクール地朝市テント前会場で現地合流。リハーサルも無しのイベントとなりました。
 この日は真夏日がつづく7月10日(日) 日差しも強く気温は34度を超す猛暑@@
それは暑い熱い一日の始まりでした。

まず最初に登場はドリームキッズ★
resize0255_20110714100246.jpg 
♪大根コンを熱唱!ドリームキッズ
 一関大東町の小学生以下で構成されたこのユニット。なんとCDデビューも果たし、各地のイベントでそのパフォーマンスを披露しているチームだ。
 この日気温34度、はじめ屋根の下で公演の予定だったが観客のみんなの熱中症を心配しステージを反対に。炎天下での熱唱!小さい体でよく頑張った!!

ドリームキッズのピュアな歌声CDを購入して義援金として寄付するキャンペーンはhttp://saxophobia.papi4.com/sekaijuu.html


親子パフォーマンスでおなじみクラウンろっく★
resize0245.jpg resize0247.jpg resize0250_20110714133115.jpg 
 あ?あまりの暑さにろーるちゃん熱中症??⇒実はネタの一部でした^^⇒友好のシンボルひまわりを植える少年w
 
  この日は長男が熱を出したため娘のろーるちゃんと二人でのパフォーマンス。さすがに親子ならでは息の合ったほのぼのとした演技に会場はホンワカムード一色。  見る度にネタも増え、今一番ノリにのってるパフォーマでしょう。
 ろっくさんの本業?は市の職員。練習量もかなりのもんでしょうな。こんな素敵な職員がいっぱいのいちのせきはいいところですよーー!
 その場で出演をおねがいした地元少年とのハンドベル演奏では一発勝負の演奏の成功に会場は拍手喝さい!!その瞬間映像は↓のyoutube動画にて、、、。

★六魂戦隊 ゲイビマン★
resize0249.jpg
みんなの勇気のフォースをバズーカに込めモジャーラにロックオーーン!!

 
そしていよいよ我らゲイビマンの出番じゃ! 被災地の混乱の隙を狙い子供をさらいにやってきた暗黒軍と狂った果実団(謎の集団)
 敵の大集団に周囲の安全確保のため少数戦で挑み、見事敵軍を撃破!!
 しかしそこに宿敵『モジャーラ』が現れる。 攻撃と捕獲効果のモジャーラの必殺技「ジャングルゲッツ」にゲイビマンは倒れるがみんなの勇気のフォースに再び奮い立ちあがる。
 最後はゲイビマンの最終兵器「バズーカ」でモジャーラもろとも敵軍をふっとばす!
 トドメの一撃を浴びせようとするイエロを止めるグリーン。
  グリーン「この世に本当に悪い奴はいないんだ!」
  ホワイト「そうじゃ、人類みな兄弟じゃ!」
敵軍はもう悪さをしないと約束し仲直り。はたしていつまでその良心は続くのやら、、、、。
  レッド「みんなも力をあわせて町をまもっていくん!ゲイビマンはいつでも君たちの応援団さ!」

★最後にみんなでマルモリダンス★
resize0256.jpg resize0244.jpg

 最後の〆は会場全員で踊る「マルモリダンス」 この日のために各団体、現地スタッフさんボランティアのみなさん各々練習してきた成果?!を披露w
 ちゃんと踊れたかな??それは動画をみてのお楽しみじゃよ。はっはっは

resize0243.jpg resize0254.jpg
resize0251.jpg resize0252.jpg resize0253.jpg
スタッフ記念撮影。ホワイトがおもちゃ類の贈呈式? 沢山の支援物資も手渡されました。

このイベントは「いちのせきリトルヒーローズ」と現地スタッフ、ボランティアのみなさん、支援物資を提供してくださった個人・団体様。たくさんのご協力により実現できたことに感謝いたします。
パフォーマンスが復興支援と呼べるものか疑問は残りますが、子供達の笑顔が見れただけでやってよかったと思います。

「ひとりの力はちっぽけだけど、みんなでやればなんでもできる!!!」






resize238.jpg
  0235_20110207144917.jpg

2011年のスタートは「富士ママチャリグランプリ2011」

正式名称は↓
スーパーママチャリグランプリ (第4回 ママチャリ日本グランプリ)
ママチャリグランプリ2010シリーズ最終戦 チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権

普段はレーシングカーが疾走する全長4.5キロのレースコースをママチャリ(カゴ装着でママがお買いものに使用する自転車)で7時間走り続けるという耐久レース。出走台数は1400台という恐ろしい数。

resize0229.jpg  

ゲイビマンはグランプリトクシュウ・タイムマシン号(ゼッケン2004)というチームにヒーロー枠で助っ人レーサーとして参加したのじゃが、なんとこのチームはグランプリトクシュウという雑誌の編集部の田口さん、ネットラジオ「タイムマシン部」のDJ白井君と番組で募集したリスナーで構成された素敵なチーム!!

しかも!なな、なんと!このチームの中にはレーシングドライバーの中嶋一貴選手!!

なぜ?!ゲイビマンが富士ママチャリに参加し、中嶋一貴選手がこのチームにいるのか?!
その答えは「タイムマシン部」の放送を聴けばなんとなくわかるであろうな不思議さ!

ワシ(ゲイビホワイト)も未だに人間の行動について解明できていない部分に驚いているわけじゃよ。

resize29.jpg 


resize0230.jpg resize0228.jpg

第一走者のDJ白井君の後に中嶋一貴選手が出走しベストタイムを塗り替え、いよいよ第三走者として一貴選手からバトンタッチ!!ヒーローの力を見せつける時じゃ!!

が、、、が、、、酸素が、、無い!!!
resize0233.jpg 

走行中酸素供給システムに不具合発生!ゲイビアーマーのステータス異常によりダメージを受けた!

なんとかピットに緊急避難!マスクの両サイドのエマージェンシーダクトが開く!

酸素供給モードに入ろうとするも、ニヤニヤしながら近づきマイクを向けるDJ白井。
番組の為とはいえヒーローのピンチをネタにするタイムマシン部恐るべし。



resize0231.jpg  

走行を終えチームメイトらが待つ基地(コタツ型指令本部)に戻ると、そこに現れたのは宿敵モジャーラ!!

どうやら今回は個人的に『嫁探し』にゲイビマンの乗るマイクロバスに忍んでついてきたらしい。
ラジオ仲間のエバタという女子に襲いかかるも、いいところでゲイビマンが現れ話し合いで解決?!

途中酸素供給のピンチによりショー中断か?のピンチも必殺呪文「ダイホン・デ・アドリーブ」で乗り越えた!!!
酸素供給ストップによる恐怖の瞬間映像はコチラ↓ それは一回目のショーで起こった@@


そして今回スペシャルプレゼントのコラボキーホルダー争奪ジャンケン大会。お決まりのダンス(今回はパラパラ)で〆た!! というか切り抜けた??

Still0207_00003のコピー  

そして同じ場所でメインのステージ!!!
DJ白井君がギター(リーダー)、ボーカル・アサコロマンスキーのバンド『ネコロマン』がライブを披露。

ゲイビホワイトの意識安定装置のロック解除と同じ波長を繰り出すその曲『夜道』は、癒しなのか破壊なのかホワイトの今後の研究材料としてyoutubeにアップしておいた!
       その効果を体感してみたい勇者はこちら→ネコロマンライブ 夜道 in 富士ママチャリGP2011


Still0207_00002.jpg   resize0236.jpg  

レース終了後に行われたフォーミュラマシンデモラン。コックピットに鎮座されたその姿。さっきまでチャリ仲間だったとは思えぬ程後光が差していた。

右の写真は後日発行された雑誌グランプリトクシュウ。今回の模様が掲載されていました。次号も続編掲載される模様。
次号から購読すべし^^;

resize037.jpg 
そうしてグランプリトクシュウ・タイムマシン号のレースは922位という成績で幕を閉じた。
中嶋一貴選手、ママチャリ走者、レースクイーン、運営スタッフ、共に戦ったオックスフォード号さんらと記念撮影。

前準備から当日の進行等本当にお疲れ様でした。
その他、車両提供いただいたルノージャポンさん、マイクロバス提供「げいび観光グループ」さん、グレートな飲料提供「レッドブル」さん運営本部の皆さん。多くの方々のソウル(魂)ありがとうございました。


そんな愉快な仲間達のラジオ放送タイムマシン部はコチラ →http://timemachine-bu.seesaa.net/
88回・89回(前半)・89回(後半)にてママチャリの特集してます。

グランプリトクシュウ http://www.sonymagazines.jp/grandprix/index.html
ママチャリGP公式HP http://www.japan-racing.jp/fsw/11/11mama.htm
ゲイビマンとアドベンチャークルーズの様子が発見一関のもちっ娘のつぶやきブログにリポートされていたぞよ!
resize0226.jpg

http://www.ichinoseki-hakken.com/mochikko/index.html#44
プロフィール

ゲイビホワイト

ブログ管理者:ゲイビホワイト

「六魂戦隊ゲイビマン公式サイト」

ゲイビマン公式サイトは↑

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。